任意売却のメリットとデメリットとは

任意売却というのは、家を建てるときに借りたローンが返せなくなったときに、その債務が残っていても抵当権を解除してもらい、任意で売却をすることです。テレビドラマなどで見たことがありますが、お金に困って家が差し押さえられたりすると、ふつうは競売にかけられたりします。けれど、競売だと市場価格よりも安くなってしまったり、売れるまでに長くなってしまったりします。それは金融機関にとっても家の持ち主にとっても不利なので、競売よりもこちらの方法を取る人が多いのだそうです。競売と違って、他にもメリットがたくさんあります。

競売にかけられると、新聞やネットなどに情報が出てしまうので、プライバシーが守られない場合があります。また、競売で落札する際に、近所の人などに聞き込みをされることがあるそうです。でもこの方法なら近所や仕事場に事情が知られずに済むのです。また、強引に差し押さえられる方法と違い、債権者ときちんと話し合うことで、引越しの費用などの現金を手元に残しておくことも可能です。余裕がない状態で引越しをするのは、精神的にも非常にしんどいものですから、なるべく負担を少なくしたいものです。また、残った債務を返済する際にも、事情を十分くんでもらえるために、余裕のある返済プランとなるそうです。給料から差し引かれたり、給料を差し押さえられたりということも普通は行われません。また、場合によっては売却後も住み続けることができるかもしれません。投資家や身内などに売却し、賃料を払って、賃貸物件として住む方法もあります。引越しをする必要がないので、よけいな出費がかからず、家族にも負担がありません。また、経済状況が整ったら買い戻すことも可能だそうです。

そして、この方法で家を売るときに助かるのが、相談に乗ってくれる業者が多いことです。ネットで調べると、ローンが返せなくなった人のために家の売却をサポートするサービスがたくさん見つかります。ホームページには詳細な方法や、成功事例の紹介、メリットやデメリットなども説明されています。また、メールや電話で問い合わせることも可能です。たいていの業者で、最初の問い合わせは無料となっているようなので、まずは相談してみたいものです。素人には、法律やローンのことは難しくて、精神的に追いつめられてしまう場合があります。そうならない前に、ローンや法律のプロにお願いして、心配事を解決しましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*