プロが教える任意売却の裏わざを教えましょう

中古不動産物件を購入する場合には、通常、不動産仲介業者に物件を探してもらうことになります。しかし、この場合に、表面に出ている物件は、早い者勝ちという競争原理が働いてしまっていて、優良物件ほど、その不動産仲介業者と懇意にしている取引相手に流れてしまうことが多いものです。そこで、任意売却の対象となっている不動産を狙うのです。これは、プロが教える任意売却の裏わざです。しかも、任意売却の物件を不動産業者が扱っているかどうかは簡単に教えてくれます。任意売却の場合には、できるだけ速やかに売りたいという要請がかかっているために、通常の売却よりも契約を有利に進めることが可能となります。ただし、任意売却物件を扱っている不動産業者でも、実績があるかないかで、交渉力に違いが出てきてしまいます。そこで、できれば、人売却物件を狙うためには、実績がある不動産業者に話しを持ちかけることがポイントとなります。

また、任意売却は、そのタイミングがとても重要なものとなります。したがって、できるだけ不動産業者と懇意な関係を作っておいて、任意売却物件が出てきた場合には知らせてもらうようにすると、良質な物件が安く手に入ることが可能となります。他方、破産管財人との接触がはかれる人の場合には、破産者が所有している不動産を任意売却で売ってもらえるかどうか交渉することが可能です。破産管財人とは、倒産した会社などの資産や財産を管理する人を指しますが、裁判所が任命することになります。通常は、破産関係の処理に携わる弁護士が裁判所によって任命されます。

また、破産管財人に直接尋ねるというようなことは難しい場合でも、このような破産管財人は、結局、任意売却の依頼を不動産業者に依頼するものですから、最終的には、その不動産業者を見つける方が楽といえるでしょう。この任意売却を扱っている地元の不動産業者は結構多く存在しているようです。それは、長年の地元での営業の中で培った人的関係で、金融機関や弁護士などとのつながりが出来ていることが多いことが理由に上がられるようです。ともあれ、任意売却の対象物件では、優良な物件が数多くでており、それが比較的安く手に入る可能性があるので、狙い目であるといえます。不動産は、一般人にとっては、人生ではもっとも高い買い物です。買う場合には、できるだけ良質なものを安く買うということを念頭において、探してみたいと思います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*